結婚式で歌われる定番の歌を紹介

結婚式定番歌ということで、このカテゴリでは結婚式で歌われる定番の歌を紹介していきましょう。

定番の歌と言うことは逆に言えばそれだけみんなに愛されていると言うことですからね。ゲストの多くの方に楽しんでいただける歌でもあるわけです。

今回は歌とアーティスト名を紹介して同じカテゴリの別ページにて詳細をお話させていただくことにします。

定番と言えば長渕剛の「乾杯」は外せませんよね。管理人がまだ小学生くらいだった頃、叔父さんの結婚式で友人の誰かがこの乾杯を歌っていましたが、その頃から今も変わらず歌われているのはすごいことですよね。藤井フミヤの「TRUE LOVE」、米米クラブの「君がいるだけで」も同じく長い間結婚式の歌として親しまれている定番の名曲ですね。女性ボーカルでいうとDreams Comes True(ドリカム)の「LOVE LOVE LOVE」や「未来予想図U」もいいですね。

それよりちょっとあとの世代の結婚式での定番の歌といえば、GLAYの「ずっと2人で…」、安室奈美恵の「Can You Celeblate?」、Misia(ミーシャ)の「Everything」、SMAPの「らいおんはーと」などがありますよね。

最近定番になってきた結婚式の歌ということだと、湘南乃風の「純恋歌」、コブクロの「永遠にともに」、レミオロメンの「3月9日」、Aqua timezの「等身大のラブソング」、大塚愛の「さくらんぼ」などがあげられるのではないでしょうか? 

次回からはこれらの定番の歌について少しお話させていただきます。
タグ:結婚式 定番
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。