らいおんハート SMAP

らいおんハート SMAP

今回紹介させていただくのは、オリコンの「結婚式で友人に歌ってほしい歌」ランキングで8位に輝いたSMAPの「らいおんハート」です。

SMAPはみなさんおなじみの国民的アイドルグループです。SMAPについての説明は特にする必要がないと思いますので、結婚式で人気の「らいおんハート」についてお話します。

この歌は、SMAP32枚目のシングルとして2000年にリリースされました。作詞は脚本家の野島伸司で、草g剛主演のドラマ「フードファイト」の主題歌ともなっています。カップリングにはらいおんハートとは対照的な別れの曲「オレンジ」が入っています。

男性から女性への気持ちを唄った歌詞の内容もそうですが、らいおんハートの発売直後に木村拓哉が工藤静香と入籍したことからも結婚式の歌として認知されている理由なのでしょう。「君を守るため そのために生まれてきたんだ」という歌詞がとてもいですよね。

ところで、この「らいおんハート」ですが、どうして「らいおんハート」なのかご存知ですか?

らいおんのオスは普段何もしません。子供の面倒もみませんし、餌もとってきません。ライオンというと肉食動物の王様というイメージがありますから、子育てはともかくとして餌くらいはとってきそうですよね。でも狩りに行くのはメスなんです。

ではらいおんのオスは本当に何もしないのかと言うとそうではありません。あるときだけは自分の命を懸けて戦うのです。それは、自分の愛するメスを守るときです。ライオンは他の群れのオスを倒して自分の群れを拡大していくという習性があるため若いオスがメスを奪いにやってくるのです。

らいおんのオスはそのときだけ、命をかけて戦うのです。この特徴が「らいおんハート」の由来なんですね。「君を守るため そのために生まれてきたんだ」とか、「いつか もし子供が生まれたら 世界で二番目に好きだと話そう」という部分と重なっていますよね。

ということでぜひ結婚式で「らいおんハート」を歌ってみてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。